めざせ!国道走破

日本中の国道走破を目指すブログです。

はじめに

日本の国道走破を目指して、その軌跡をひたすら記録するブログです。
正直20年ぐらいかかりそうだなぁと思っているので、一人でやってると確実に挫折します!
なので、やる気を維持するためにもブログで公開することにしました。
ドラレコカメラで撮影した走行中の様子を中心に、どんな感じの場所を走っているのかをお見せしていきます。
走っている地域の話とか、道の話にも触れていきたいと思っています。 

続きを読む

生存報告2020024

スポンサーリンク

 

 

昨日に引き続き、今日は1本の国道を走行しました。
 

国道375号(順走・広島県呉市⇨島根県大田市)

 

 

 

実は本日はこのブログにとっての記念日なのです。
ちょうど1年前の2019年2月24日に1本目の国道として国道298号を走行してから、1周年ということになりました。

national-route.hatenablog.com

 

この挑戦を始めた当初は色々と試行錯誤の連続でしたが、既に今ではルート選定から予習、実走、生存報告、詳細レポートとルーティンが出来上がってきました。
走行した路線に接続している国道しか走行できないという縛りが、どこまで厳しいのかというのがいまいちわからない状態で始めていましたが、遠く離れた中国地方の道を28%も走ってしまっているとは想像だにしませんでした。

ちなみに、この28%という数字は、地域別に見たときに本数ベース、距離ベースともに本日トップに躍り出ました。
なぜか中国地方をやたらと走っています(笑
まあ、中国地方は意外と国道が少ないということの影響もあるとは思います。

ちなみに昨日までのトップは東北地方でした。
もうちょっと近場の道も走らないといけませんね。。。

 

さて、本日走行した国道375号ですが、広島県の呉市から三次市へと北上した後は、江の川に沿って下っていくようなルートを取っています。

三次以北の江の川並走区間では、2018年に廃止となった三江線とも並走しています。
せっかくなので、立ち寄ってみました。

 

f:id:japan_route:20200224095114j:plain

橋や線路はそのまま残っているので、この写真だけを見ても廃線ということはいまいち伝わってこないと思います。
ただ、橋の両端には線路をふさぐ形で立ち入り禁止のバリケードが設置されているので、列車が通行できないことはわかるようになっています。

 

カーナビを見ながら、立ち寄りやすそうな駅を適当に見つけて、香淀駅という駅に来てみました。

f:id:japan_route:20200224095253j:plain

駅舎はそのまま現存しているので、この写真だけでは廃線になった感じはあまりしませんね。

f:id:japan_route:20200224095320j:plain

プラットホームへと上がる階段は封鎖されていました。

 

立ち入り禁止区域の手前から、プラットホームと線路の様子を撮影してみました。

f:id:japan_route:20200224095335j:plain

f:id:japan_route:20200224095332j:plain

廃線になってから約2年ということで、まだ日が浅いこともあって荒れ放題になっているような感じはありませんでしたね。

私自身鉄道に関しては、ほとんど詳しくない門外漢なので、三江線に関しては廃線になったこと、その影響で鉄道ファンが押し寄せたこと、三次と江津を結んでいることぐらいしか知りません。
まあこの付近を走ってみて、まあ廃線になるのもやむなしなルートかなとは思いました。

 

何だか今回は宇野港の宇高航路といい、三江線といい、将来的には廃墟マニアが好みそうな場所をやたらとめぐっていますね。

明日もお休みなのですが、明日は移動日のため国道は走行しません。
少しでも近づいておこうと、国道9号と国道313号、国道179号を使って、三朝まで戻ってきて宿泊です。

今日の本番の国道375号の呉→大田よりも、国道9号+国道313号+国道179号+県道の大田→三朝の方が少しだけ距離が長かったのはご愛敬です(笑

 


 

それでは、また。

 

スポンサーリンク

 

 

生存報告2020023

スポンサーリンク

 

 

昨日に引き続き、今日は2本の国道を走行しました。
どんどん西へ進みます。

 

国道430号(逆走・岡山県玉野市⇨岡山県倉敷市)

国道486号(順走・岡山県総社市⇨広島県東広島市)

 

 

 

広島県までやってきてしまいました。
連休に入る3日前まで単なる3連休のつもりだったので、自宅でのんびりしていようかと思っていたのですが、こんなところまで来てしまうとは。。。という感じです。

 

さて、1本目に走行した国道430号の終点は宇野駅前交差点になっていて、国道30号の本州側端点であるとともに、昨年末に休止になった宇高航路のフェリー乗り場があった場所でもあります。

国道30号の記事では宇高航路の最後の雄姿を紹介しましたが、今回はその続編という感じで宇高航路休止後の今を紹介してみようと思い、国道430号を走行することにしました。

 

f:id:japan_route:20200223074550j:plain

去年までは「高松四国フェリー」という案内があったのですが、今は白いテープで高松の文字が隠されてしまっています。

 

フェリー待合所のBefore→Afterです。

f:id:japan_route:20191116100350j:plain f:id:japan_route:20200223074559j:plain

もともと看板が設置されていた場所だけは日焼けせずに色が残っているのが、寂しさを感じさせますね。

 

f:id:japan_route:20200223074636j:plain

運航休止の案内です。
ここでフェリーの到着を待っていたあの日が懐かしく感じられます。
内側のポスターはそのまま掲示されたままになっていますね。

 

f:id:japan_route:20200223074530j:plain

車のフェリー待合スペースへ向かう道はバリケードで封鎖されていました。

手前の直島行、小豆島行は通常通り営業しているのに、一番奥の高松行だけこのように封鎖されてしまっています。
今はまだ休止になってから日も浅いのですが、数年経つと待合スペースの風化が進んでしまうのかもしれないと思うと、悲しい気持ちになってきます。
いつの日か復活かもしれないという一縷の望みに願いを託して、手入れされ続けられたらいいなぁと思います。現実には復活は絶望的なのだとは思いますが。。。

 

今日は呉に宿泊して、明日に備えます。





 

それでは、また。

 

スポンサーリンク

 

 

生存報告20200222

スポンサーリンク

 

 

昨日に引き続き、さらに西へと向かいながら1本の国道を走行しました。

 

国道372号(順走・京都府亀岡市⇨兵庫県姫路市)

 

 

京都から山陽方面へ抜けていこうとする場合、大多数の人は名神から中国道(最近だと新名神を経由するルートもありますね。)を経由して山陽道へと抜けていくと思います。
下道を使う場合でも、真っ先に思いつくのが国道1号→国道2号のルートですが、大阪から神戸・明石の辺りまでは慢性的に渋滞しているため、時間がかかりすぎてしまうのが難点です。

国道372号は山側を通ってほぼ直線的に亀岡から姫路へと向かっていくルートのため、大都市を通過していくことがありません。比較的交通量も少なめなため、国道9号と組み合わせれば3時間弱で姫路まで抜けてしまうことができました。

高速では1時間強といったところなので到底敵いませんが、国道1号→国道2号ルートに比べたら国道9号→国道372号ルートの方が早いかもしれませんね。

そんな発見があった一日でした。

 

さて、今日は3連休唯一の雨予報だったので、午前中の国道372号走行のみにとどめて、国道2号を使って岡山までやってきました。

途中に姫路城や旧閑谷学校を観光しながらの行程です。

 

f:id:japan_route:20200222130851j:plain

 

姫路城は何度か来たことがあるので、とりあえず外観を見るだけで終わりにしました。

 

f:id:japan_route:20200222144229j:plain

f:id:japan_route:20200222144537j:plain

旧閑谷学校は山陽道を走行していると案内があるので、ずっと気になっていた場所です。
「まあ、そのうち行くだろうから、いっか」と思いながら、長いことスルーしてきましたが、ようやく今日になってこの「そのうち」が訪れたということですね。

 

閑谷学校は岡山藩の藩校でして、各地にある藩校の中でもかなり古い時代に作られたもののようです。藩主の先見の明があったということなのでしょうか。
山奥の静かなところにひっそりと建っていて、人もあまり多くなかったので、じっくり見て回ることができました。

 

何だか、今回は半分ぐらい観光している感じになっちゃっていますね。


 

それでは、また。

 

スポンサーリンク

 

 

生存報告20200221

スポンサーリンク

 

 

突如として5連休が生まれ出たため、今週も少しだけ遠出して国道を走行することにしました。
今日は2本の国道を走行しました。

 

国道303号(順走・岐阜県岐阜市⇨福井県若狭町)

国道367号(逆走・福井県若狭町⇨京都府京都市)

 

 

雪が気になったところですが、道路上は完全に溶けていて、道路わきに若干残雪があるといった状況でした。
むしろ雪解け水が道路上に流れてきていて、この水しぶきでフロントガラスが汚れてしまうということの方が厄介でした。散々ウォッシャー液を飛ばしてきれいにしたものの、ドラレコカメラの映像がどうなっているのかはわかりません。
怖くてまだ確認していないです(笑

 

さて、今日は13時ごろに烏丸五条の交差点(国道367号のゴール地点)に到着してしまい、京都市内の宿のチェックインまで時間が空いたので、京都市内を観光することにしました。

基本車旅が多い私にとって京都は非常に相性が悪く、割と有名な場所でも行ってなかったりします。今日はそんな中から龍安寺と嵐山周辺を回ってみることにしました。

f:id:japan_route:20200221131151j:plain

f:id:japan_route:20200221132347j:plain

f:id:japan_route:20200221133242j:plain

f:id:japan_route:20200221140022j:plain

f:id:japan_route:20200221140815j:plain

f:id:japan_route:20200221141152j:plain

f:id:japan_route:20200221141259j:plain

f:id:japan_route:20200221142455j:plain

 

有名どころばかりなので、特に写真の説明はしません。
烏丸五条交差点に到着してから観光に費やした時間はわずか2時間ですが、龍安寺と嵐山周辺の主だったところは一通り回ってしまいました。
一人なので回るのが早いというのがあるにせよ、公共交通機関で回るのに比べて圧倒的に短い時間で回ることができました。

新型コロナウイルスの影響もあるのか、京都市内の渋滞も大したことなくスイスイ移動することができましたね。

人がさほど多くない京都も珍しいと思いますので、今がオススメです(笑

完全に国道とは全く関係ない話ばかりでしたね・・・

 

それでは、また。

 

スポンサーリンク

 

 

No.074 国道205号

国道205号 路線DATAf:id:japan_route:20191230174147p:plain

  • 総延長:23.3km
  • 重用延長:ー
  • 実延長:23.3km
  • 現道:23.3km
  • 起点:長崎県佐世保市 大塔I.C入口交差点
  • 終点:長崎県東彼杵町 江頭交差点
  • 交差する国道:f:id:japan_route:20200216164015p:plainf:id:japan_route:20191230174211p:plainf:id:japan_route:20200216164120p:plainf:id:japan_route:20200216164026p:plainf:id:japan_route:20191230174043p:plain

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

No.073 国道206号

国道206号 路線DATAf:id:japan_route:20191230174211p:plain

  • 総延長:61.8km
  • 重用延長:4.4km
  • 実延長:57.4km
  • 現道:55.2km
  • 起点:長崎県長崎市 江戸町交差点
  • 終点:長崎県佐世保市 佐世保市役所交差点
  • 交差する国道:f:id:japan_route:20191230174043p:plainf:id:japan_route:20200113160340p:plainf:id:japan_route:20200216164058p:plainf:id:japan_route:20200216164102p:plainf:id:japan_route:20200216164026p:plainf:id:japan_route:20200218184910p:plainf:id:japan_route:20200216164049p:plainf:id:japan_route:20191230174147p:plainf:id:japan_route:20200216164015p:plainf:id:japan_route:20200218184906p:plainf:id:japan_route:20200218184858p:plainf:id:japan_route:20200216164120p:plain

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

No.072 国道34号

国道34号 路線DATAf:id:japan_route:20191230174043p:plain

  • 総延長:149.6km
  • 重用延長:ー
  • 実延長:149.6km
  • 現道:149.6km
  • 起点:佐賀県鳥栖市 永吉交差点
  • 終点:長崎県長崎市 江戸町交差点
  • 交差する国道:f:id:japan_route:20200121201710p:plainf:id:japan_route:20200124173600p:plainf:id:japan_route:20200202153000p:plainf:id:japan_route:20200202153007p:plainf:id:japan_route:20191229173811p:plainf:id:japan_route:20200202153011p:plainf:id:japan_route:20200121201719p:plainf:id:japan_route:20200202153139p:plainf:id:japan_route:20200216164120p:plainf:id:japan_route:20200216164015p:plainf:id:japan_route:20200216164118p:plainf:id:japan_route:20191230174147p:plainf:id:japan_route:20191231060331p:plainf:id:japan_route:20200113160340p:plainf:id:japan_route:20200216164058p:plainf:id:japan_route:20200216164026p:plainf:id:japan_route:20191230174211p:plainf:id:japan_route:20200216164102p:plain

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

スポンサーリンク